静岡の強さを支える人たち②

私は静岡県出身ではありませんが、過去の対戦や先輩後輩を含めて静岡の方とは非常に縁があるなと感じています。前回に続いて「静岡の強さを支える人たち」として、高校の教員をされている一人の先生について記載します。(ここでは仮にtommy先生とします)

tommy先生には大学時代に出会ってからお世話になっています。先輩が慕っていたというかなんというか、教師らしからぬ言動で非常に親しみのある先生だからだと思います。高校生の練習相手になってくれと頼まれて、静岡まで早稲田のメンバーと行くこともありました。そしてお酒も一緒に飲みました。時には飲まれてしまって大変なことに。まさか下宿に収容することになるとは。試合で対戦したこともあります。ほぼ不戦勝みたいな感じではありましたが。

実は妻の恩師ということもあって、結婚式のスピーチをしていただいたことも良き思い出です。ゾウさんのパンツをプレゼントしてくれたユーモアたっぷりの先生です。私の高校には部活がなかったので、もしtommy先生のような人に出会っていたら人生は変わっていたかもしれない、そう思えるくらい魅力的な先生です。

このtommy先生、実は高校選手権を何度も優勝に導いた一流の指導者です。その先生が当時強かった理由をこのように述べています。

負けた悔しさは絶対に忘れない

勝たなければ意味がない

日本一になって当たり前

あの頃の私たちのモチベーションは自然とこうなっていた

だから、強かったのだと思う

 今、青春全部懸けるくらい本気でかるたを取っている人はどのくらいいるのでしょうか。泣いていいほど懸けていない、という人も多いのではないでしょうか。あの日悔しくて良かったって、いつか笑って言いたい。そんな気持ちがなければ強くなるまで相当の時間がかかることでしょう。また、日本一になって当たり前という状況においては、優勝旗に、トロフィーに恥じない戦いを絶対にするんだ、こういった気持ちがなければ本当の強さは身につかないと思います。一部ちはやふるからの言葉を引用しましたが、どんなに素晴らしい指導者がいても、選手本人がこういった気持ちを持たなければ変われません。

静岡の先生方は生徒を本気にさせるお手伝いがうまいのかなと思います。tommy先生もあと数年で定年を迎えられます。今でも一緒に飲み、たまに良いことも言ってくれるので、先生の想いもしっかりと吸収して受け継ぎたいなと勝手に思っています。

静岡の強さを支える人たち①

今週小学校と中学校の卒業式がダブルヘッダーで行われ出席してきました。新型コロナウイルスの影響で内容は一部変更して行われましたが、子どもたちの成長を感じることができました。(記念合唱で指揮をする息子、かるたは取れません)

f:id:saigo3150:20200321115808p:image

さて、卒業式同日に静岡県内教職員の人事異動が発表されました。毎年注目するのは高校でかるた部の顧問を務める先生の異動です。特に競技経験があり指導できる先生の異動は競技環境に大きな影響を及ぼすからです。

静岡県は高校選手権において最多となる24回の優勝をしています。10連覇を含めて通算12回の優勝を誇る富士高校だけでなく、長泉、大井川、静岡雙葉、浜松北、静岡東など、これだけ多くの高校が入賞校に並ぶ都道府県は他にありません。

その最大の理由は先生にあると思っています。もちろん生徒の才能や努力もありますが、異動の度に新たな学校で部活を立ち上げて広めてきたこと。それを引き継いだ先生がいて、卒業生が教職員となって同じように活動してきたこと。3年間で生徒が入れ替わる高校において、毎年のように初心者を育成し続けてきたことにあると思います。

その結果、多くの高校にかるた部ができ、切磋琢磨する環境もできました。僅か1〜2年でA級選手を多数輩出する強豪校も生まれ、全国優勝するよりも県大会を勝ち抜く方が難しいと言われた時代もあったと聞きます。

また、今では全国から多くのチームが参加する「静岡オープン団体戦」も高校生の団体戦強化を目的のひとつに始まったと記憶しています。私も大学時代に何度か招集されました。加えて個人のレベルアップを目的に「SKリーグ(静岡高校生リーグ)戦」が用意され、競い合う環境が整っています。今の県内の活動を見ていても支えているのは教職員を中心とした方々で、本当に熱意があり素晴らしいと思います。

今春の人事異動として高校間の異動はなかったようですが、名指導者、名監督と呼ばれる方が一人ご退職されます。その先生はまさしく静岡の強さを支え続け、その功績は県内のみならず非常に大きなものであると思います。本当にお疲れさまでした。来年以降もご定年を迎えられる方が増えると聞いており、不安な面はありますが、私も静岡県の会員の一人としてお手伝いしていきたいと思います。

友達や先生との別れの季節、寂しさもありますが、今はいつでもどこでも繋がれる時代です。それにこれから新たな出会いもきっとあります。ちはやふるの影響で多くの初心者がやってくることでしょう。受け入れは大変ですが楽しみですね。

 (その②へ続く)

【TV放送のお知らせ】あの感動を再び!

日本テレビの情報バラエティー番組「スッキリ」にて、2月16日に開催した小学生団体戦の模様が放送されます。放送日が決定しましたので、ぜひご覧ください!

 
【番組】「スッキリ」(日本テレビ全国ネット)月~金 8:00~10:25
【日程】3月16日(月)、17日(火)
     あるいは
    3月17日(火)、18日(水)
    ※上記いずれかの2日間に渡り前編後編
     それぞれ15分以上の超大作です
    ※緊急ニュース等が入った場合は変更
 
九州かるた協会、佐久やこのはな会、府中白妙会、滝野川かるた会をはじめとする出場会のみなさま、そしてちはやふるの末次先生、ご協力ありがとうございました。また、取材していただいたTV関係者のみなさま本当にありがとうございました。
小学生たちの熱い試合、涙あり笑いありの感動の模様をぜひご覧ください!

最強の道場破りが現れた!

2月某日。三島せせらぎ会として1月から練習を始めて、初めて県外からお客さまが参加してくれました。

名前を聞いて驚きました。最近の選手事情をあまり知らない私でも知っている、若手最強のひとり、東北大学かるた会のKさん。

えっ? せっかく来ていただいても相手になる人いませんけど。

ということで私しかいないので、無謀にも最強の道場破りを返り討ちにしようと、名人位引退から約8年、本気モードでがんばってみました。

序盤から一気にギアを数段上げてみたところ、なんとお手つき3連発。

Kさんの速さに気持ちが空回りして頭も体もついてこない。

普段から子どもたちに慌てないように注意をしているのに面目丸つぶれだぁ。

これは困った。 短い札を中心になんとか札を減らしつつ逆転を狙う。

でもやっぱり無理! 少しでも遅いと取られてしまう。

返り討ちにあいました。

f:id:saigo3150:20200307151228g:image

なかなかの取りだと自画自賛。さすがに現役の時よりは遅いか。

f:id:saigo3150:20200307151140g:image

 無駄がなく速くて美しい取りをするKさん。

 

最近の若手は確かに速い選手が多い印象ですが、飛び出しの速さだけが目立ちます。一方でKさんは音を聞き分ける速さと正確さを兼ね備えた良い取りを見せてくれました。試合後にいろいろ話を聞きましたが、取りだけでなくかるたに向き合うスタンスも素晴らしい選手だなぁと感心しました。

現役の若手選手にちょっぴり刺激をもらった練習となりました。

まだそこそこやれるか?と思う反面、翌日すぐ筋肉痛になるくらいなので今後も大会には出ませんが、Kさんのような選手の登場を嬉しく思い応援したくなりました。

【中止連絡】練習予定(2020年3月)

新型コロナウイルス感染症の状況を考慮し、小中学生が多い当会の練習について、以下の日程は中止とします。3月下旬より再開する予定ですが、改めてご連絡致します。

 

【中止日程】

◆3/  5(木)18:00~21:00 三島市東地区コミュニティ防災センター

◇3/  7(土)17:30~21:20 長泉福祉会館

☆3/13(金)18:20~21:00 沼津市大岡地区センター

◇3/14(土)17:30~21:20 長泉福祉会館